親友との関係を再び考えた30万円

わたしは東京に住むニートだ。

ピッタリ前年のダイアログになりますが、側から俄然メールアドレスが来て、軍資金を貸してくれないかと頼まれたことがあります。まだまだ詳しいことは説明できないけど、一際至急30万円ほど必要なのだとか。

恥ずかしながら側と言っても、わたしにとっては安い「親友」と言っても過言ではない間柄です。中学生からの同級生なんでそれほど知ってるんですけど、今まで彼氏の口から軍資金を貸してくれという頼まれたことは一度もなかったので驚きました。

それも、ろくな定職にも就かずバイトで糊口を凌いでいるようなわたしにかけてだ。ずいぶん緊急事態なのだろうは分かりましたが、でももちろん30万円は大枚だ。

わたしは今まで他人に軍資金を貸したことはありません。軍資金の心配だけは持ち込まないほうがいいと父親によく言われていました。少なくとも貸し借りするのは引き取り手や親類まで。いくら睦まじい親友といっても阻止だ。

そもそも「軍資金を貸す」という行為に走ったら、今までのつながりが崩れると言うか、そのそばは平等な側つながりを形作れる自信がない。

但し、共に思います。もしここで軍資金を貸さないという範囲を取って「嫌われたらいかんせん」という正反対の情熱だ。
大分県借金相談無料
やはり普通に考えれば、親友なんだから断っても嫌いにはならないでしょうけど、でもむしろ一抹の危険は拭いきれません。

結果、わたしは気苦労に悩んだ末日、半の15万円だけ貸しました。

そうして共に心の中で決めました。もしも自分自身が軍資金に困るようなことがあったら、友達には申請しないようにしようと。それならいっそサラ金で借りたほうが後腐れなくて重宝ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です