借りたカネは返せ!

借りたカネは返すなという小説がありまいしたが、借りたカネは立て直すに越したことはありません。
金融機関から借り入れる、知人から借り上げる、父兄から借り入れるなど、どこから借り受けるかに関わらず、借りたものは借りたカタチとして引き戻すことをお勧めします。また、例え1円であろうとも金額は金額だ。金額に関わらず、一概に返しましょう。
なんで返さなければならないのかと言うと、胸中がスッキリしないからです。借りっぱなしでは心のどこかで引っかかってしまい、なんだかモヤモヤした気持ちの通り常々を送らなければらなくなってしまいます。
今日、年収も思うように上がらず、返済するのも大変ではありますが、少しずつも構わないので敢然と毎月費消していくのがイラストレーションベストです。
仮に、費消が難しくなってしまったとしても、貸主に相談して下さい。
カマグラゴールドについて
金融機関であってもとりっぱぐれるよりは、少しずつでもよいので返してほしいはずです。また、知人から借りた場合でも調整すれば、分かってもらえる。
一番悪いのが借り逃げだ。どんな状況になろうともこれだけは避けるべきです。逃げて逃げ尽きるようなことはとりあえずありません。
借りたものは借りたカタチ、敢然と費消ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です