コンタクトは捉え方進め方?

最近の話です。独自されない為に話は少し暈してあります。
余白連絡を取らない近くから持ち運びへメールが届いていました。筋道としては、「依然前の家内が好きで、その余裕を閉じるために付き合おうと思っているクライアントがいる。」はでした。
閉じるために誰かといった付き合うというのは、はたして嬉しい方法なのでしょうか。重要なのは女房がどういうつもりでその「前の家内」を好きなのか、だと思うのですが、女房としては「前の家内はけんか別れで、もはや諦めてる。けれども仲よしとして仲良くしたい。」と言います。
それならば今家内になろうという主人を「閉じる結果」では無く、「初々しい出会い」として付き合うべきなのではと思い、女房にそれほど返しました。
インデラルの効果や副作用って?
女房はそれで納得して、今お付き合いしている。
「閉じる」という実行本体、わたくしは人としている気がしてあんまりいいものではないと思います。但しまた、大切なのは出会いの捉え方ではないかと思います。今回の内容も含めて、性別地位関わりなく、そういった想いが、私も女房との交流を通じて大切だと感じ取る事が出来ました。但し、けんか別れをした主人を相変わらず近くとして仲良くしたいと思える女房の能力も素晴らしいものです。わたくしなら、絶対に縁を切っているだろうなと思うので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です