試験のメカニズム

これから教師となりたいという人が、合格しないといけないのが教員採用試験です。各都道府県や政令指定都市に設置している学校の教員となるための試験となります。一見すると他の公務員試験と変わらないのではと思われますが、各都道府県などの教育委員会で試験を行っています。これによって難易度や競争率が大きく異なってくることがあります。

この教員採用試験は合格をしても、すぐに教員として採用されるというわけではありません。合格をすると「教員候補者名簿」という名簿に自分の名前がリストアップされます。リストから教員として採用したいと学校側からオファーが来れば、晴れて教員となります。各都道府県は地区ごとに分かれており、教育委員会や学校長などと面接や健康診断をクリアすることで正式に受かります。この時に赴任する学校も決定されます。

試験の内容は大きく分けて一次試験と二次試験になっています。それぞれ一次試験から始まり、合格者が二次試験へと進むことになります。各都道府県で実施されていますが、北海道などのように二次試験を実施していないところもあります。試験内容は一次試験は筆記試験がメインとなり、二次試験は面接がメインとなっています。しかし場所によっては一次試験で小論文や面接を実施することもありますので、事前要項をしっかりとチェックしておきましょう。そこで、筆記試験がメインとなる一次試験の対策はどのようにしていかないといけないか見ていくことにします。